日別: 2018年1月15日

景品に使用される費用


結婚式や飲み会の二次会でビンゴゲームであったりくじであったりを開催することが多いと聞きます。このような催しでは景品は欠かせないものとなります。したがって、二次会開催には景品の購入が必須です。

結婚式まず、景品を準備していく際に重要になるのが予算を想定することになります。もしも、予算を考えずに選んでしまった場合、最悪赤字になってしまい可能性も高いです。このこともあり、足りない費用は自分で、費用を用意しないといけなくなってしまったという体験をした方もいます。結婚式を例として考えた場合では、予算を想定する際には主に2つのポイントで考えていく必要があります。

1つ目のポイントは結婚式に呼ぶ人数になります。この来る人数によっても使うことのできる費用の額は大きく変わってきます。結婚式参加者の会費額の相場は地域や県によっても大きく異なり、関東地方では約7000円が相場だと言われています。そこから考えて、景品にはどれくらいの額がまわせそうか考えながら景品を選んでいくべきでしょう。

2つ目のポイントは予算や参加者を見た上で度の景品にどれくらいの価格のものをどれくらい買うのかになります。このような二次会でゲームやくじをする際の景品として必ずと言っていいほど、特賞となっている景品は高価なものになります。その景品を中心として他の景品を探すことで予算以内に収めることができ、バランスよく景品を選びやすくなります。また、選ぶ景品ショップによっても商品の価格は違いますので、その点も考慮しながら景品を選ぶとよいでしょう。